Macbook、iMacを購入したら入れておきたいおすすめアプリ5選

僕のiMacに入れているアプリで、便利だったものを無料、有料問わず紹介します。 主に仕事に使用していたので、偏りがあるかもしれませんが、汎用的に使用できるものをなるべく選択してみました。

1. BetterSnapTool

いきなり有料アプリです(笑) OS Xでは標準で備えていない、画面分割機能を提供してくれるアプリです。
僕はこのアプリを入れてから、このアプリが入っていないOS X上での作業は考えられなくなってしまいました。 それくらい便利です。

Downloads

特徴
1. windowsライクに、ウィンドウを縦や横に2分割できる。
2. ショートカットキーを自由に割り当てられる。

使用例
僕の場合は、⌘ Shift ←でウィンドウを左画面半分にリサイズ、⌘ Shift →で右画面半分にリサイズといった形で使用しています。

2. f.lux

f.luxは時間帯に応じて画面の色温度を調節してくれる無料のアプリです。
長時間ディスプレイを見ているとどうしても目が疲れてきますね。。 f.luxを使用することで、目の疲れが大分軽減されます。
特に、目の疲れから頭痛になる人は騙されたと思って試してみてください。 f.luxを知らなかった日々をきっと後悔されるでしょう!

Downloads

特徴
1. 日中やベッドタイムなど、シーン別に色温度の調整をしてくれる。
2. 暗闇の中など、特殊なケースも対応されていて、カバー範囲が広い。

3. Snap

Snapは、Dockに登録しているアプリにショートカットキーを割り当て、アプリの起動/切り替えをキーボードのみで実行できる無料のアプリです。
僕はすべてのアクションをできればキーボード一つで完結させたい人なので、このアプリがなかったらと思うとぞっとします。 実際、マウスでアプリの切り替えをするよりキーボードで切り替えられたほうが確実に早いです。 少しの差かもしれませんが、積み重ねると大きな差となることでしょう。 作業効率を少しでもあげたいという方、マウス使うのめんどくせ!という怠惰な方におすすめです!

Downloads

特徴
1. 特定のキー+1~9でDockに登録しているアプリの起動を行える。

使用例
僕の場合は、⌘ 1~9でDockに登録しているアプリを切り替えています。 → 僕の場合はといっていますが標準設定です(笑) 余談ですが、Dockに登録していないアプリは、Spotlight検索でアプリを検索して実行していますね。マウス嫌い。

4. MindNode

MindNodeは、マインドマップの有料アプリです。
MindNodeがなければマインドマップができなくなってしまいました。もう完全に依存ですね。。
→ 知るまではFreeMindという無料のアプリを使っていました。

Downloads

特徴
1. iCloud経由でデータの同期が可能。
2. バージョン管理がされていて、変更前に復元が可能。
3. スタイルのテンプレートが豊富かつカスタマイズ性が高い。
4. 直感的な操作で扱いやすい。
5. PC版とSP/TAB版の2種類が用意されている。どちらも別々に料金を支払わなければいけない。

使用例
バージョン管理は下記の画像のように、右端に更新した日が縦に表示されます。 更新した日をクリックすることで、過去のバージョンを復元することが可能です。

スタイルテンプレートについては下記の画像のように、右端にバーが表示されています。ここで基本となるテンプレート、背景色、ノードの表示位置、文字色等を詳細に設定できます。

5. AppCleaner

AppCleanerは、OS Xにインストールしたアプリを関連しているファイルも考慮して削除してくれる無料のアプリです。
AppStoreでインストールしたアプリは、Launchpadからアプリアイコンを長押ししてxを押すと削除できるのですが、
先ほど紹介したf.luxのようなAppStore以外からインストールしたアプリはLaunchpadから削除できません。 このとき、自らアプリをFinder上で削除しないといけないのですが、アプリに関連しているファイルすべてを正しく削除できているとは限りません。 この問題を解決してくれるのがAppCleanerですね。最高です。

Downloads

特徴
1. Launchpadから削除できないアプリを関連したファイルも含め削除してくれる。

以上、僕がおすすめするOS Xのアプリ5選でした。 長文にも関わらず、ここまで読んでくださりありがとうございました。 知らなかったアプリで常用していきたいアプリが1つでも見つかれば幸いです!