ご飯食べながら見たいおすすめのアニメ5選

ご飯食べている時の時間はできるだけ有効に活用したいですよね。だって、食べる行為だけに専念するのってなかなか酷じゃないですか。。
特に僕なんて一人暮らしでテレビもないので、工夫しなければもくもくと食事をするという悲しいことになりかねません。これは文面以上に悲しいことです。。。
そこで、昔から好きなアニメを見ようと思い立った訳です。

アニメといっても幅が広く、食事中にぴったりのものってなかなかないんですよね。内容が重かったり、やけに伏線あったりと。

僕なりに「食事中に見るにはぴったり」的なものを5つ選定したのでよければ参考にしてください。 ※ ぴったりと判断する基準は、あまり頭を使わず、気楽かつ直感的に楽しめるものにしました。

みなみけ

言わずと知れたほのぼの系アニメの代表格ですね。

この物語は南家3姉妹の平凡な日常を淡々と描くものです。過度な期待はしないでください。

引用元: 千秋

上記の千秋の発言が全てを物語っています。
しいていうなら、個性が強すぎる登場人物もさることながら、千秋と夏奈の仲良いやりとりが心地良いですね。
小学生から高校生までの人物が主に登場して、場面ごとに懐かしさがこみあげてきて優しい気持ちになれます。(常識的な視点からたけるおじさんはノーカウント

花咲くいろは

高校生の心身共の成長を描く青春ものですね。
都会でふらりと暮らしていた少女が、旅館で働き出し、そこで働く人たちと触れて成長していくというものです。
人と人のぶつかり合いはあるのですが、そこまで緊迫感がなく見れました。

また、少女が仕事に対して責任感を持っていくシーンや、旅館に込める想いの強さに、共感しながら見進めていくことができましたね。
仕事から帰宅してご飯食べる時に見ていたせいもあるのかも。

夏目友人帳

妖怪が見えることでいじめられてきた主人公が、人、妖の心の暖かさに触れて成長していくアニメです。
一つの内容が大体1~2話で終わるというテンポの良さもさることながら、主人公と用心棒をしている猫(大妖)のやりとりが面白いですね。
また、重いテーマを持ちながら視聴者に負担を感じさせず、人、妖ともに愛おしくなる愛溢れるアニメです。
オープニング、エンディング共に優しい曲調で、終始癒されます。

けものフレンズ

「たーのしー!」「えっへん!」「もうお友達だから!」
上記3つの小並感溢れる言葉通りのアニメです。
もうこのアニメは外せないですね。いちいち内容語る必要もないと思うので割愛します。
下記の記事でも取り上げているので詳細の参考にでもなれば嬉しいですね。
http://rikoroku.com/2017-04-01/

はたらく魔王さま!

地球とは別の世界で、魔王が勇者に敗れ地球に転移してきた。
魔王は魔力とは無縁の地球では魔力がうまく使えず、力を蓄えるため人間として暮らしていくという内容です。
終始爆笑していた気がします笑
魔王とその部下たちと、さらに勇者まで地球に転移してきて、魔王はフリーターとなり、勇者は派遣という斬新な設定。
日常をいかに面白く描くかをテーマにしたようなアニメなので、笑いながら見進められるご飯を食べながら見れるうってつけのアニメです。