Digest認証設定方法 - セキュアなユーザー認証を用いて盗聴/改竄を防ごう!

お題の通りです! Digest認証を用いて、認証を突破しない限りページの閲覧ができないようにする方法を説明します。 ユーザー認証は、管理画面などによく用いられていますね。 システム構築案件に携わっている方や、個人でサイトを運営している方はよく耳にされているかと思います。 初めてDigest認証を設定される方や、以前に設定したことあるけど曖昧になってきている方に少しでもお役に立てばと思います! 目次 1 . Digest認証とは 2 . Digest認証に必要なファイル 3 . Digest認証設定方法 → 例として使用する環境はCentOS6.6, Apache2.2となります。 1. Digest認証とは Digest認証とは、Apacheのユーザー認証の1つです。 認証情報をMD5でハッシュ化するため、盗聴や改竄を防ぐことができます。 »

Curlコマンドで引数が長い場合に発生するエラーの対処方法

base64エンコードしたデータをcurlコマンドで送信時、下記のエラーが発生する問題を解決。 ※ base64エンコードしたデータは、テキストファイルとして保存。 エラー: Argument list too long 解決方法 テキストファイルから直接入力していたbase64エンコードデータを、標準入力として値を渡すように修正。 従来の方法 $ curl -s -X POST "http://www.xxx.com" -H "Content-Type:application/json" -d »